「はい」の返事の話

       名前を呼ばれたら返事をしようの教え


 あるとき、銀行で定期預金の手続きの順番を待っていたときの話です。
「佐藤さん。」
と銀行の窓口の人が言いました。

 そうしたら、佐藤さんらしい人が、だまって、窓口に向かいました。

次にまた、
「鈴木さん。」
と銀行の人が言いました。

 今度も何も言わないで、鈴木さんらしい人が、窓口に向かいました。
 見ていると、名前を呼ばれているのに、どの人も返事をしていません。
 
 これは変だぞ、と思いました。

 名前を呼ばれたら、返事をするのがあたりまえだからです。

 今度は、自分の名前が呼ばれました。

 私は、大きな声で、

「はい。」

といいました。

窓口の人は、にっこり微笑んでくれました。



戻る